【動画】対談イベント「精神と栄養」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【動画】対談イベント「精神と栄養」

¥5,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

20191213PDF.pdf

125KB

2019年12月13日に開催しました対談の動画になります。(2時間) 注文・決済後、視聴用URLが記載されたPDFをお届けしますので、そちらからご視聴ください。 ---------------------------- Magellanミートアップ、シーズン1最終回はズバリ 「精神と栄養」です。 ボディーワーカーとして「心と身体のつながり」について語り続けていますが、この回では、 ゲストに日本トランスパーソナル学会常任理事の桐林千登勢さんをお迎えし、 「精神と栄養」   について、わたくし編集長小笠原との対談をベースに進めていきたいと思っています。    数年前、うつ病に有効な治療を探していて、 ”糖質制限で精神疾患をガンガン治すお医者さん達がいるらしい”という情報から、「オーソモレキュラー(分子栄養療法)」に出会いました。      その有効性を確認し、同時に、「なぜ世の中でこんなにも糖質制限が流行っているのだろう」との疑問から、管理栄養士さんへのヒアリングなどを通して現代人の栄養事情を知り、自分自身もこの療法を試したところ、アトピーの症状の改善、集中力の持続などの変化を体験。 ますます「栄養」に興味を持ちました。    けれど学問としてはなかなか検証しづらいのがこの栄養学でもあります。最新の学説、と言われるものも流行のように次々と変化していきます。    また、特にわたしのような、ホリスティック医学や代替療法に関わるような人々には「サプリメントで栄養を摂る」ことに強い抵抗感を示す人もいます(わたしもそうでした)。    けれど、個人セッションのクライアントの皆さんの中にも ボディーワークで、身体の「システム」を調える以前に ハードとしての身体、つまり「細胞を整える」ことのほうが 症状の改善につながる方も数多くいらっしゃいました。    特に、隠れ貧血の改善やタンパク質を十分に取ることで メンタルの安定につながるケースが多いのです。    You are what you eat. あなたは、あなたが食べたもので出来ている、    ならば    あなたの精神は、あなたの食べたもので出来ている?! 栄養療法に出会うまでと、出会ってから今まで、そしてこれから。 それぞれの体験に基づいたリアルな対談と、 千登勢さんのミニレクチャーを通して、    「私たちの心と身体はどのようにして、 食べたものの影響をうけるのか」    を理解し、    「あなたがなりたいあなたを作るために、 何を食べたらいいのか」   を知る手がかりにしてください。 ----------------------------------------